事業者ローン 種類 特徴

事業者ローンの種類と特徴

事業者ローンは、事業資金調達方法として、手軽に行えるといえるでしょう。

公的資金は低金利ですが、手続きが面倒です。
提出書類の多さと長い審査時間、有担保や保証人などさまざまな要件があります。
お金が必要と思った時に申し込んだとしても、実際に使いたいときに、間に合わないこともあります。
それでは困ってしまう、最悪倒産の危機にさらされることもあります。
会社が危ないというときの資金調達は、金融機関でも身構えます。
公的融資制度や銀行融資は低金利がうれしいですが、すぐにお金を手にすることができないのがデメリットです。

 

事業者に対して、国がもっと積極的に融資をしてくれたら良いのです。
時間的に間に合わない、対応ができないことで、最初はメガバンクが大手企業を相手に始めたのが事業者ローンです。
そして、地方銀行などが個人事業主向けに発売をはじめました。
と同時にノンバンク系の事業者ローンも存在しています。
大きな資金の場合は、時間をかけての公的融資が有り難いのですが、2期分の決済書と確定申告だけでローンの即日融資も可能ということであれば、時間的ローンは使い易いといえます。

 

貸付条件、審査のポイントは、

  • 納税を守っている
  • 債務超過ではない
  • 2年以上の業績

などです。
最低でもこの部分は審査としてウエイトを置きます。
はっきりこう言い切れるのは、スコアリングの審査ですから、一つでも数字が悪いと弾かれてしまうのです。
即日融資、スピード審査を得意とする事業者ローンの場合、機械的に数字で判断をしてしまうのです。
じっくりと書類を見て審査を行うものではなく、パパっとコンピュータで決まってしまいます。

 

法人対応の事業者ローンでは、無担保ローンと担保ローンがあります。
この場合の審査は、担保がある方が甘いとされていて、保証人や担保物件の有無が大きく関係します。
ただし、即日融資は困難であり、手続きは多く手数料も存在します。
連帯保証人が入るのなら金融機関としても安心ですが、審査に時間がかかり融資スピードは遅くなってしまうのは仕方ないことです。
それでも申込そのものはすぐにでき、特にノンバンク系の審査などは、スピーディーに行ってくれます。
銀行の他、大手消費者金融、中小消費者金融、事業者ローン専門会社、信販会社などが取扱をしています。

関連ページ

銀行カードローンの低金利は魅力だけど
儲かっている個人事業主が資金繰りに借りるのなら、事業者ローンが良い!と言うのは一般的な話ですが、メガバンクの銀行カードローンも余裕の限度額です。儲かっていると言っても、資金がほしいからお金を借りるのですが、銀行カードローンの魅力は大きいです。審査が早い、担保は不要、銀行カードローンは総量規制がないなど、魅力がありすぎです。
事業者ローンを確実に受けるための書類作り
事業者ローンは、ネットで申し込むのがおすすめです。最短1日程度の審査で、500万円程度の資金調達ができます。人気の事業者ローンは、・ビジネクスト 最大1000万円・オリックスVIPローンカードINESS 最大500万円・ビジネスパートナー 最大500万円 です。
事業者ローン、どこが良い?
事業者ローンの種類は最近増えていますが、そうなると金融機関どうしの差別化が目立っています。低金利化とサービス内容の充実、銀行系消費者金融の台などです。低金利で言えば、銀行がワイドな限度額と低金利でできればベストなのですが、その分審査を厳しくしているだけではなく、審査期間が長いのです。