事業者ローン 確実に受ける 書類作り

事業者ローンを確実に受けるための書類作り

事業者ローンは、ネットで申し込むのがおすすめです。
最短1日程度の審査で、500万円程度の資金調達ができます。
人気の事業者ローンは、

  • ビジネクスト 最大1000万円
  • オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円
  • ビジネスパートナー 最大500万円

です。

 

消費者金融の事業者ローンは、個人向けフリーローンと違い総量規制対象外です。
ですから、人気のビジネクストでも年収は無関係、審査次第で500万円の資金調達が短期間で実現します。
この年収に関係がないというのが大きな特徴です。
オリックスVIPローンカードBUSINESSも人気ですが、銀行の扱いになります。
金利も優遇されていますが、消費者金融などのノンバンク系の事業者ローンと比較をすると、審査時間が長くなってしまいます。
ですから、融資スピードが遅くなってしまうのが裏目に出ることもあります。
審査の面でも銀行は少し厳しいと言われていて、消費者金融系の審査が甘く短期間での融資が魅力。
審査にあまり自信がない方も、消費者金融や信販会社、事業融資専門会社がおすすめです。

 

事業者ローンを成功させるためのコツとして、

最低2年以上の経営実績

ローンの審査では、業歴が長い事を重視します。
個人向けローンカードの審査で言う、勤務歴が長い法が審査に通りやすいということと同じです。
業歴や実績があることで、安定した会社であることをアピールできます。

 

事業計画書の作成

事業者ローンの使いみちをはっきりとさせること。
事業と資金計画がきちんとしていればいるほど信用度は上がります。
どんなビジネス展開を考えているか、それによってどのような結果が予想できるかなどを明確に書きます。
貸付依頼に必要とされる計画書の雛形は、ネットで参考例がダウンロードができます。
是非参考にしてみてください。

 

資金計画書

運転資金に使う事はわかっています。
ここで大切な事はミスをなくすことだけです。
案外と小落としがちなのが、ちょっとした数字のミスです。
実は審査ではケアレスミスがチェックポイントとされていて、ひとつひとつ正確に入れることが大切です。
簡潔でわかりやすくというのも、早く審査を受けられるコツです。

 

保証人

銀行融資の場合は保証人の存在が大きいです。
また、保証人がいない場合ノンバンク系の事業者ローンで少額融資が良いです。
フリーローンの一部では、個人向けですが、事業者ローンとしての使途ができるものもあり、保証人ナシで使えます。
ただし、限度額が低いのが特徴です。

 

決算書

赤字だからダメということはありません。
経営状態や返済の見込みがあれば、好転の兆しがあれば融資を受けられます。
事業融資専門会社では、赤字経営であっても、経営内容の見直しのアドバイスから審査を始めるところもあります。

 

以上が大まかな事業者ローンの成功の秘訣です。
提出書類によって、申込の印象が大きく変わりますから、完璧にすることは審査には好条件になります。

関連ページ

銀行カードローンの低金利は魅力だけど
儲かっている個人事業主が資金繰りに借りるのなら、事業者ローンが良い!と言うのは一般的な話ですが、メガバンクの銀行カードローンも余裕の限度額です。儲かっていると言っても、資金がほしいからお金を借りるのですが、銀行カードローンの魅力は大きいです。審査が早い、担保は不要、銀行カードローンは総量規制がないなど、魅力がありすぎです。
事業者ローンの種類と特徴
事業者ローンは、事業資金調達方法として、手軽に行えるといえるでしょう。公的資金は低金利ですが、手続きが面倒です。提出書類の多さと長い審査時間、有担保や保証人などさまざまな要件があります。
事業者ローン、どこが良い?
事業者ローンの種類は最近増えていますが、そうなると金融機関どうしの差別化が目立っています。低金利化とサービス内容の充実、銀行系消費者金融の台などです。低金利で言えば、銀行がワイドな限度額と低金利でできればベストなのですが、その分審査を厳しくしているだけではなく、審査期間が長いのです。