事業者ローン どこが良い

事業者ローン、どこが良い?

事業者ローンの種類は最近増えていますが、そうなると金融機関どうしの差別化が目立っています。

低金利化とサービス内容の充実、銀行系消費者金融の台などです。
低金利で言えば、銀行がワイドな限度額と低金利でできればベストなのですが、その分審査を厳しくしているだけではなく、審査期間が長いのです。
なかなか融資の合否がでずに、経営状態が悪化してしまったのでは、事業者ローンの意味もないということになりかねます。

 

消費者金融などのノンバンク系の事業者ローンは、銀行や国の融資制度よりも甘い審査と提出書類の少なさが特徴です。
消費者金融と聞くと、あまり良い印象がなく、金利が高いことで敬遠する事業者も少なくないのですが、融資スピードが数日という短期間は有り難いことです。
返済計画については、経営の無理のない長期計画などを考えた上で、限度額を決めることもできます。
事業者ローン専門会社などでは、経営のアドバイスなどのあります。
特に個人事業主や2年未満の事業者に対しての配慮はノンバンク系ならではのサービス内容というるでしょう。

 

銀行の事業者ローンなどでは、連帯保証人の存在も貸付条件の一つです。
これが低金利の実現に大きな要因ですが、保証人の存在がない場合、決算書が赤字だらけで不安な方に関しては、最初からノンバンク系事業者ローンがおすすめです。
資金調達の手段としては、選択肢は多いのですが、審査のポイントを考えていくと、多分ダメだろうという思い込みも危険です。
国の融資制度などでも、経営の立て直しということで、事業内容をアピールしていくことで、過去の業績ではなく、未来の足がかりとして救いの手が差し伸べる事もあります。
書類は全て作ったうえで、申し込みだけはしておき、長い審査の期間にノンバンク系事業者ローンを借りるのというのもありです。
緊急性のある資金調達の場合、国の融資制度の審査の合否は待っていられない場合が多いからです。
ノンバンク系事業者ローンがつなぎ資金となれば幸いですが、そのまま国の融資制度の審査がダメでも、経営は安定するでしょう。
事業者ローンの使い分けということです。
審査が厳しいとされるローンの必要書類を作っておき、それぞれの審査に使い回しの形にするのも一つの案です。
また、事業者ローンではないのですが、不動産担保ローンも資金調達の方法としてともに考えてみましょう。
審査も事業者ローンよりはるかにゆるいです。

 

関連ページ

銀行カードローンの低金利は魅力だけど
儲かっている個人事業主が資金繰りに借りるのなら、事業者ローンが良い!と言うのは一般的な話ですが、メガバンクの銀行カードローンも余裕の限度額です。儲かっていると言っても、資金がほしいからお金を借りるのですが、銀行カードローンの魅力は大きいです。審査が早い、担保は不要、銀行カードローンは総量規制がないなど、魅力がありすぎです。
事業者ローンの種類と特徴
事業者ローンは、事業資金調達方法として、手軽に行えるといえるでしょう。公的資金は低金利ですが、手続きが面倒です。提出書類の多さと長い審査時間、有担保や保証人などさまざまな要件があります。
事業者ローンを確実に受けるための書類作り
事業者ローンは、ネットで申し込むのがおすすめです。最短1日程度の審査で、500万円程度の資金調達ができます。人気の事業者ローンは、・ビジネクスト 最大1000万円・オリックスVIPローンカードINESS 最大500万円・ビジネスパートナー 最大500万円 です。