事業者ローン おすすめ

事業者ローン おすすめ

 

 

運転資金を借りるなら?

どんな経営者にとっても、資金繰りがうまくいかない時があります。
そんな時、資金をローンでなんとかしたいと考えるのですが、どんなローンが良いのでしょう?
ローンの種類は

  • 銀行融資
  • 国の融資制度
  • カードローン
  • 事業者ローン

などがあります。

 

取引銀行があれば、一番言いやすいですし、資金提供も早いですが、即融資開始にならないのがデメリットです。
資金提供までの時間がかかりすぎてしまうのは困ります。
国の融資制度の魅力は低金利です。
1%以下の場合が多く、返済には何よりですが、ここは提出書類が多すぎです。
金額によっては保証人も必要ですし、これも簡単ではないのです。
赤字経営だから融資を受けたいというのだけど、散々審査に時間をかけて、経営内容がねといろいろ言われることも少なくありません。
何度も提出書類があったり、増えるなど、いつになったら結論が出るのだ?とイライラしてしまうことも。

そこで、カードローンと事業者ローンです。
民間に頼ろうということです。
カードローンの場合、限度額が大きいものの場合、小規模事業では十分に間に合うこともあります。
最近では即日融資もでき、事業資金にはもってこいですが、たいてい個人向けローンでは事業性のあるものには借入ができない場合もあります。
金額が小さければ良いのですが、もし返済できないとしたら、それは大変な事になってしまいます。
また、カードローンは消費者金融業者ですと、総量規制の関係から年収の3分の一が限度額です。
これも運転資金にはならない場合が考えられます。

 

ということで、ベストなのが事業者ローンということになります。
餅屋は餅屋ということですが、事業者、法人を相手にしてる事業者ローンは、最近では申込も簡単です。
事業者は、2年分の確定申告書と身分証だけで、審査に入ります。
金額もワイドで総量規制もありませんから、貸付条件も少ないのが特徴です。
個人向けのカードローンにはないメリットもあります。

 

最初から、事業者のためのローンに頼ることで、金融機関としても経営相談に乗ってくれるばあいもあります。
ときには、担保のある不動産担保ローンの提案があるなど、本格的な運転資金として借入ができますから、事業者ローンが選択肢としては良いのではないかと思われます。
そして、同時に国の融資制度や銀行にも申込をするのがポイント。
金利が低いところで融資を受けられたのなら、事業者ローンの返済をしてしまうのです。
特に国の融資の低金利は魅力が大きいです。

事業者ローン おすすめ記事一覧

儲かっている個人事業主が資金繰りに借りるのなら、事業者ローンが良い!と言うのは一般的な話ですが、メガバンクの銀行カードローンも余裕の限度額です。儲かっていると言っても、資金がほしいからお金を借りるのですが、銀行カードローンの魅力は大きいです。審査が早い、担保は不要、銀行カードローンは総量規制がないなど、魅力がありすぎです。ただし、貸付条件ではっきり事業性の資金繰りには使用禁止とあるのです。痛いとこ...

事業者ローンは、事業資金調達方法として、手軽に行えるといえるでしょう。公的資金は低金利ですが、手続きが面倒です。提出書類の多さと長い審査時間、有担保や保証人などさまざまな要件があります。お金が必要と思った時に申し込んだとしても、実際に使いたいときに、間に合わないこともあります。それでは困ってしまう、最悪倒産の危機にさらされることもあります。会社が危ないというときの資金調達は、金融機関でも身構えます...

事業者ローンは、ネットで申し込むのがおすすめです。最短1日程度の審査で、500万円程度の資金調達ができます。人気の事業者ローンは、ビジネクスト 最大1000万円オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円ビジネスパートナー 最大500万円です。消費者金融の事業者ローンは、個人向けフリーローンと違い総量規制対象外です。ですから、人気のビジネクストでも年収は無関係、審査次第で500万円...

事業者ローンの種類は最近増えていますが、そうなると金融機関どうしの差別化が目立っています。低金利化とサービス内容の充実、銀行系消費者金融の台などです。低金利で言えば、銀行がワイドな限度額と低金利でできればベストなのですが、その分審査を厳しくしているだけではなく、審査期間が長いのです。なかなか融資の合否がでずに、経営状態が悪化してしまったのでは、事業者ローンの意味もないということになりかねます。消費...